ボランティア用ビブスの製作実績一覧

識別・グルーピング用品のプロショップ「グルーピングキット」の、ボランティア用途でのビブス製作実績です。

能登半島地震支援用ビブスのご相談

令和6年1月1日に発生した、能登半島地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当店では、被災地の復旧・復興・救助・救援・支援・災害ボランティアなどの用途でビブス・識別用品を必要とする団体様に向けて、ビブス+プリントオーダー商品の特別割引を実施しております。


大学の能登地震災害支援ボランティアスタッフ用ビブス0
大学の能登地震災害支援ボランティアスタッフ用ビブス

金沢大学の学生様が、能登半島地震の災害ボランティアに参加する際に着用するビブスです。 大地震などの災害現場では「どういった団体に所属している」ことや「ボランティアのメンバーである」ことを周囲に伝えられないと混乱を引き起こします。 そういった際に、色や文字で周囲に役割をPRできるビブスが大変便利です。 ここがポイント 太くて読みやすい書体と罫線によるデザイン処理 1色プリントビブスのプランで、視認性抜群の蛍光オレンジビブスに、大学名と「能登半島地震ボランティア」の文字を両面プリント。 被災者の方々や支援者の …

社会福祉協議会の能登地震災害支援ボランティアスタッフ用ビブス01
社会福祉協議会の能登地震災害支援ボランティアスタッフ用ビブス

珠洲市の社会福祉協議会のスタッフの方々が、能登半島地震の災害ボランティアセンターで着用するためのビブスです。 災害ボランティアセンターのように様々な人が集まる場所では、周囲に役割を一目で伝えることができる衣服が大活躍します。 ここがポイント スタッフ・工場ともお客様のご要望に寄り添う対応力 1色プリントビブスのプランで、遠くからでもよく目立つ鮮やかな赤色のビブスに、社会福祉協議会の団体名を両面プリント。 被災者の方々はもちろん、医療関係者・ボランティアスタッフなど、たくさんの人々が集まる災害被災地では、自 …

NPO法人の能登半島地震子ども支援ボランティアビブス-お客様写真
NPO法人の能登半島地震子ども支援ボランティアビブス

子ども達の「居場所支援・食事支援・学習支援・心のケア」などを行っている認定NPO法人様が、能登半島地震災で被害を受けた子ども達やご家庭を支援するボランティア活動時に着用するためのビブスです。 被災者や支援者を含め、多くの方々が出入りする災害の現場では、周囲に安心感を与え着用者の身分や役割を明示できるオリジナルプリントビブスが大変役に立ちます。 ここがポイント 国内在庫・国内プリントによる超短納期対応 1色プリントビブスのプランで、爽やかなライムカラー(明るい緑)のビブスに、NPO法人名と役割名を両面プリン …

地域活動用のビブス活用事例01
地域活動・ボランティア用のビブス

協議会に所属する方々が、主に剪定などの環境整備活動やボランティア清掃など地域活動用の際に着用するためのビブスのオーダーをいただきました。 鮮やかなロイヤルブルーのビブスに、相性の良いホワイトで公式ロゴをプリント。爽やかでありながら着用者がよく目立つ仕上がりです。 ここがポイント お客様のイメージを高精度のデータとプリントで具現化 1色プリントビブスのプランで、ロイヤルブルーの鮮やかなビブスに、お客様から添付いただいた公式ロゴ画像をベースにホワイトのシルクスクリーンプリントを施しました。 お客様からビブスの …

NPO法人の外遊び用ビブス 表
NPO法人の外遊び用ビブス

さいたま市を拠点に、様々な困難により居場所がなく将来への不安を抱えた子どもや若者たちへの支援活動を展開している、NPO法人さいたまユースサポートネットさまのビブスを製作させていただきました。 子どもたちの外遊び用でご使用とのことでしたので、ビブスを見た方が「何の団体なのか」すぐに分かるよう、デザインからご提案させていただきました。 ここがポイント 団体のロゴを入れて「すぐにわかる」 ビブス+1色プリント(glimmer)をベースに、文字の打ち出しと、団体を象徴するロゴマークを組み合わせて作成しました。 …

清掃活動用のビブス活用事例01
地域清掃活動のスタッフ用ビブス

地域清掃活動を行う際にスタッフが着用するためのビブスです。 清掃活動は通常の服装で行うこともできますが、ビブスやユニフォームなど、清掃活動専用の衣服があるとより安心です。特に、ビブスであればコストが抑えられる上、衣服の上から着られるため使いまわしがしやすく非常に便利です。 清掃活動用にプリントを入れたビブスは、自分たちの団体名をPRすることや、清掃活動を行っていることを視覚的に伝えることができます。自分たちの所属や立場を明確に伝えることで、地域の方に安心してもらうと同時に、スタッフの結束を高めることにも寄 …

ボランティア活動用のビブス活用事例01
ボランティアセンター用のビブス

ボランティアセンターのスタッフが着用するためのビブスです。 災害時はもちろん、高齢者や障害のある方など、支援の必要な人を支えるのに不可欠なボランティアスタッフ。 ボランティア活動の際に重要なことの一つは、自分たちが「ボランティアスタッフ」であることを明確に示すことです。様々な人が出入りする現場で混乱を防ぐと同時に、助けられる人に安心感を与えることができます。 また、スタッフが共通の衣服を着ることで、連帯感を持って支援活動に専念できるというメリットもあります。 ここがポイント 目立つ蛍光黄色のビブス+読みや …

ボランティア用ビブスはボランティア活動時に必須!

ボランティア用ビブスは、ボランティア活動時にご利用いただけるビブスです。

ビブスの両面には、ボランティアの団体名やNPO法人名をプリントするケースが多いです。中には「清掃活動中」など活動内容をビブスにプリントして、周りの人たちにボランティア活動中であることを認知してもらう用途もあります。

ボランティア用ビブスの色は多種多様ですが、グリーンやイエローの蛍光色を使用するケースが多く見られます。

蛍光色であれば遠くから見ても目立ちやすいので、ボランティアメンバー間でも誰がメンバーであるか認知しやすいです。

また蛍光色のビブスを着用することで、夜間のボランティア活動時も周りから見えやすくなります。

夜間のボランティア活動では、通常の服装のままだと目立ちにくいので、蛍光色のビブスを着用して目立ちやすくすることをおすすめします。

ボランティア用ビブスは、ドライメッシュ素材がおすすめ

グルーピングキットのボランティア用ビブスは、ドライメッシュ素材を使用しています。

ドライメッシュ素材は、従来の穴があいているビブスよりも機能性のある生地素材で、内側の水分を吸って外に排出してくれます。通気性が確保できるので、長時間着用しても快適に過ごせます。

ボランティア活動の内容によっては、運動量が多い活動であることもあるので、ドライメッシュ素材のビブスを着用して快適に活動できることは重要なポイントといえるでしょう。

ポリエステルでできており軽量で、穴があいているビブスよりも丈夫な素材です。災害時のボランティア活動などでも問題なく着用できます。

ビブス自体の強度が弱いと、ものに引っかかったりした際に破れてしまう可能性があります。

グルーピングキットのボランティア用ビブスを使用すれば、破れるリスクも低くなるので、ビブスの不足も防止しやすいです。

ボランティア用ビブスのプリントやご相談はお気軽に

グルーピングキットのボランティア用ビブスは、2024年元日に発生した能登半島地震での復興ボランティア活動で多く使用されました。

従来の穴があいているビブスよりも機能性がある生地を使用しており、プリントが鮮明に出ます。

ボランティア用ビブスの作成についてご検討中の方は、まずはお気軽にご相談ください。

オリジナルビブス

団体名やロゴを入れて、識別やグルーピングを楽に。

ビブス・ゼッケン


ご購入前にご質問やご相談がある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ


LINE公式アカウント友だち追加はこちら

TEL.050-5328-8082
電話受付時間:10:00-18:00
留守番電話をご利用ください。折り返しいたします。